年齢肌が悩みの原因に

20代の頃は、特別なスキンケアをしなくても問題なかった方が多いと思います。しかし30代ぐらいから肌の状態が悪くなったと感じないでしょうか。肌のコラーゲンは25歳をピークに減少し、肌の血流が減少するため紫外線などの刺激に対しての回復力にも影響するそうです。年齢を重ねると、毛穴が目立ち始めたり、テカリや乾燥も気になります。

また、肌につやや張りがなくなり、しわやたるみが増えたり、長年蓄積された紫外線によるシミやそばかすが現れたりします。この状態は、20代と比較すると肌の質が変わっていることを実感します。

いつまでも肌を若く保つために、肌にストレスを与えず過ごしたいですが、年齢肌を感じるたびに化粧で素肌を隠したいと思います。しかし化粧をしている状態は、毛穴が塞がった状態になり、化粧をしていない状態より、皮膚呼吸がしにくくなっています。

また1日化粧をしていると、皮脂や空気中のほこりなどが肌に付着し、肌に良い状態ではないです。そのような肌ストレスをリセットするために、日々のお手入れは必要不可欠です。お手入れの工程は、洗顔で毛穴に詰まった化粧や余分な皮脂を落とし、クリームなどのスキンケアで肌のコンディションを整えます。年齢肌の悩みを改善するには、まず肌を良い状態に近づけることが必要です。