洗顔

20代の頃は夜に化粧を落とし忘れても、翌日肌に問題がなかったとしても、30代ぐらいから肌の乾燥やテカリを感じる人は多いと思います。日頃のケアは、まず洗顔が大切です。洗顔にも2つの工程があり、化粧を落とすために行うクレンジングと、落としきれないクレンジング剤や皮脂を落とし肌を清潔にするための洗顔があります。

年齢肌のクレンジングの選び方は、肌のツッパリ感がないかです。年齢を重ねると皮脂の分泌が減少していきます。クレンジングで化粧だけでなく、皮脂も落としてしまうと洗顔した時に更に皮脂が現れ、乾燥の原因になります。クレンジングは化粧を肌から溶かしだすの工程なので、優しく撫でるように馴染ませます。すすぎも、擦り洗わないよう撫でるように洗います。

次に洗顔の選び方は、ある程度の潤いが残った状態のものが良いです。かなりのしっとり感が残るものは、洗顔剤の成分が取れにくいもので、その後のクリームなどのスキンケアに悪い影響が出る可能性があるため、肌にツッパリ感がない程度の皮脂があり、洗顔剤が肌に残っていない状態が良いです。

洗顔方法は、泡ネットなどでしっかり洗顔剤を泡立て、肌を撫でるように滑らし洗う方法が理想的です。洗顔剤が余分な皮脂や取りきれないクレンジング剤を包み込むので、擦る必要はないです。またすすぎも同様に、優しく撫でて洗い流します。