クリーム・スキンケア

年齢肌で気になる症状は、人それぞれです。スキンケアには、症状別にシリーズ化させるものなど、たくさんの商品がありますが、化粧水や乳液はシンプルな商品が1つあれば、どのような症状でも改善すると思います。大切なのは、クリームや美容液など自分の症状に合わせて選ぶことが大切だと思います。

ほとんどのスキンケアは化粧水から始めますが、化粧水の役割は、洗顔後の肌を潤わせてその後に行うクリームや美容液の浸透を促すための導入液として使います。乳液は肌の潤いやクリームが乾燥しないよう上からパックをする役割をしています。なので、化粧水と乳液は必ず使う必要がありますし、特別な成分は必要ないと思います。

さらに、クリームや美容液は、症状が改善するための成分に特化して作られたものなので、年齢肌には症状に合う商品を選ぶことがとても重要です。例えば、乾燥が気になる方は油を補う必要がありますが、皮脂が多い方に同じ方法をすれば悪い影響が出ます。シミが気になる方は、シミを薄くする成分が配合したクリームなどを選ぶ必要があります。また、過敏な肌質の方には添加物不使用のスキンクリームを使用することをお勧めします。

商品を使用する他に、年齢肌には必要なことがあります。それは、顔のマッサージです。マッサージをすることにより、肌の血流を促し、スキンケアの浸透も良くなることが期待出来ます。また、しわやたるみの予防にもなるので、続ける必要があります。

洗顔

20代の頃は夜に化粧を落とし忘れても、翌日肌に問題がなかったとしても、30代ぐらいから肌の乾燥やテカリを感じる人は多いと思います。日頃のケアは、まず洗顔が大切です。洗顔にも2つの工程があり、化粧を落とすために行うクレンジングと、落としきれないクレンジング剤や皮脂を落とし肌を清潔にするための洗顔があります。

年齢肌のクレンジングの選び方は、肌のツッパリ感がないかです。年齢を重ねると皮脂の分泌が減少していきます。クレンジングで化粧だけでなく、皮脂も落としてしまうと洗顔した時に更に皮脂が現れ、乾燥の原因になります。クレンジングは化粧を肌から溶かしだすの工程なので、優しく撫でるように馴染ませます。すすぎも、擦り洗わないよう撫でるように洗います。

次に洗顔の選び方は、ある程度の潤いが残った状態のものが良いです。かなりのしっとり感が残るものは、洗顔剤の成分が取れにくいもので、その後のクリームなどのスキンケアに悪い影響が出る可能性があるため、肌にツッパリ感がない程度の皮脂があり、洗顔剤が肌に残っていない状態が良いです。

洗顔方法は、泡ネットなどでしっかり洗顔剤を泡立て、肌を撫でるように滑らし洗う方法が理想的です。洗顔剤が余分な皮脂や取りきれないクレンジング剤を包み込むので、擦る必要はないです。またすすぎも同様に、優しく撫でて洗い流します。

年齢肌が悩みの原因に

20代の頃は、特別なスキンケアをしなくても問題なかった方が多いと思います。しかし30代ぐらいから肌の状態が悪くなったと感じないでしょうか。肌のコラーゲンは25歳をピークに減少し、肌の血流が減少するため紫外線などの刺激に対しての回復力にも影響するそうです。年齢を重ねると、毛穴が目立ち始めたり、テカリや乾燥も気になります。

また、肌につやや張りがなくなり、しわやたるみが増えたり、長年蓄積された紫外線によるシミやそばかすが現れたりします。この状態は、20代と比較すると肌の質が変わっていることを実感します。

いつまでも肌を若く保つために、肌にストレスを与えず過ごしたいですが、年齢肌を感じるたびに化粧で素肌を隠したいと思います。しかし化粧をしている状態は、毛穴が塞がった状態になり、化粧をしていない状態より、皮膚呼吸がしにくくなっています。

また1日化粧をしていると、皮脂や空気中のほこりなどが肌に付着し、肌に良い状態ではないです。そのような肌ストレスをリセットするために、日々のお手入れは必要不可欠です。お手入れの工程は、洗顔で毛穴に詰まった化粧や余分な皮脂を落とし、クリームなどのスキンケアで肌のコンディションを整えます。年齢肌の悩みを改善するには、まず肌を良い状態に近づけることが必要です。